家づくりを始める前に知っておくと役立つ!?注文住宅のミニ知識をご紹介

注文住宅は自分で設計や間取りを決めることができるので、自分の理想の家を実現できる一方で検討すべきポイントも多いです。土地の選び方や建築費用の見積もりのポイント、建物の性能や耐震性についての知識などがあります。これらの基本的な知識を押さえておくことで、自分の理想の家を建てるための計画を立てることができます。 注文住宅は自分で設計や間取りを決めるので、業者の選び方が非常に重要です。アフター保証やメンテナンスの充実した業者を選ぶことが大切で、自分の家を長く使っていくためには建物の瑕疵やトラブルに対応してくれるか確認することが家づくりにとって必要なのです。

目次
  1. 家づくりを始める前に知っておくと役立つ!?注文住宅のミニ知識をご紹介
    1. 家にかける予算が少ない人もローコスト住宅なら注文住宅の家づくりが実現
    2. 注文住宅はセミオーダーとフルオーダーの2つのオーダー方式がある
    3. ハウスメーカーで注文住宅の家づくりはセミオーダー方式
    4. ゼロからの自由な間取りの注文住宅は工務店が得意
    5. 注文住宅の収納はなるべくまとめるのがコスト削減に効果的
    6. ウッドデッキがある注文住宅のメリットや活用方法
    7. ハウスメーカーは工場で大量生産ができるので注文住宅の価格を抑えらえるメリットがある
    8. 工務店の注文住宅は技術力が高い会社を選べば安心な住まいづくりが実現
    9. 新築でもあえて注文住宅をアンティーク調にするための工夫
    10. デザイン重視の注文住宅を建てたい人は設計事務所が最適
    11. エアコンや照明器具などは注文住宅の依頼先ではなく自らが購入して設置がコスト削減に効果
    12. 注文住宅の打ち合わせは長期間必要になるのでじっくりやろう
    13. 注文住宅で考えたい電源コンセントの位置や数
    14. 総2階などシンプル構造の注文住宅はメンテナンス費用も節約可能
    15. 注文住宅でヴィンテージスタイルを取り入れるコツ
    16. 注文住宅における洗濯機の配置と選定のポイント
    17. 注文住宅計画時に知っておくべき熱中症対策とその重要性
    18. 注文住宅の設計における軒裏天井の魅力と機能性について
    19. 注文住宅にエレベーターを取り入れるメリットと注意点

家にかける予算が少ない人もローコスト住宅なら注文住宅の家づくりが実現

注文住宅を建てるには十分な予算がないと実現できないと思っている人が多いかもしれませんが、ローコスト住宅と呼ばれる選択肢がありますので、検討に値します。ローコストということから、いわゆる安物と即断してしまうかもしれず、注文住宅とは正反対の立ち位置にあると思われることも多々ありますが、これは正確な理解ではありません。別に住宅だけに限ったことではありませんが、オーダーメイドは既製品と比較してお金がかかります。この理由の一つは素材やデザインを数多く取り揃えないといけないことにあり、それだけ在庫を多く抱える必要があります。そこで、注文は受け付けるにしても、非常に多くの選択肢の中から自由に選べるのではなくて、その範囲をある程度絞ることで在庫を減らし、工法も比較的単純なものだけにすることで、コストを抑える手法が考えられるわけで、これがローコスト住宅になります。決して品質が悪いのではなく、選択の幅を減らしていると理解できます。

注文住宅はセミオーダーとフルオーダーの2つのオーダー方式がある

注文住宅のオーダー方式には大きく、「セミオーダー」と「フルオーダー」の2種類があります。 セミオーダーの注文住宅では、基本的な仕様はメーカー側で規格化されていて、それ以外の部分の仕様を購入者自身で決めることができます。決められる範囲はメーカーや商品によって異なりますが、建売住宅よりは自由度は高いです。規格化されている部分が多いことから工期は注文住宅の中では短めで、スムーズに事を運ぶことができれば、買うことを決めてから数ヶ月で住宅を手にすることができます。 これに対してフルオーダーの注文住宅は、すべての仕様を消費者自身で決めることになります。どの部分の仕様から決めれば良いか悩むところですが、住宅メーカーの担当者からのアドバイスを受けながら決められるので心配は要りません。フルオーダー方式はもっとも理想に近づけることができる方式ではありますが、建材や設備などでオリジナルのものを用いる傾向が強いと、費用が多額になってしまい、予算オーバーとなるおそれがあります。フルオーダーであっても、予算の範囲内でおさめるためにはある程度の妥協も必要です。

ハウスメーカーで注文住宅の家づくりはセミオーダー方式

ハウスメーカーで注文住宅を建てる場合、基本的に家づくりはセミオーダー方式と呼ばれる形になります。いくつかの種類が提示されて、その中から選んで自由に組み合わせていきます。選択肢が用意されていると自由度が低いのではないかと感じるかもしれませんが、非常に多くの選択肢が用意されていますので問題はありません。一から考える注文住宅はとても大変で、打合せにもたくさんの時間が必要です。その点においてセミオーダー方式なら選ぶだけで良いので、時間もかからずにスムーズに理想の家づくりが行えます。選ぶハウスメーカーによって用意されているものが異なりますので、好みやコンセプトに合ったものを用意しているところを探すことが重要であり、そのためには訪問したりパンフレットを取り寄せたりして情報を集めることも大切です。一から作り上げる場合には時間も費用も非常にかかりますが、セミオーダー方式の場合にはスピーディーに決められて、しかもコストを抑えられます。

ゼロからの自由な間取りの注文住宅は工務店が得意

多くの人にとって一戸建ての家は一生に一度の買い物なので慎重に考えた上で購入する物件を選んでいますが、ハウスメーカーをはじめとして様々なお店で請け負っているのでどこに相談をしたら良いか迷ってしまうこともあります。 建売住宅の場合は注文住宅よりも安いので比較的簡単に購入することができますが、割高であっても設計の段階から関わることができるので注文住宅を選ぶ人が多いです。 自分たちの望む形で家を建てることができるので人気がありますが、ゼロからの自由な間取りの注文住宅は工務店が得意としているのでこの点に着目している人も沢山います。 一から設計を考えていくフルオーダー型の施工方法を基本としているのが特徴で地域や気候に合った家づくりを提案してくれますし、施主の希望を細かく具現化してもらえる点も大きな魅力です。 プランの自由度も高く打ち合わせを重ねて思い通りの家づくりになるように心掛けてくれるので、工務店に依頼する人は多く事前に見積もりを出してくれる点に好感を持っている人も大勢います。

注文住宅の収納はなるべくまとめるのがコスト削減に効果的

注文住宅を作る時には、全てのこだわりを取り入れると驚くほど高額になることがありますので、まずは予算を決めてから細部をつめていくのが鉄則です。
収納面に関しては妥協をすると後々後悔しますので、必要なスペースを確保することが望ましいのですが、いろいろな場所に点々と作るとコストがかさみます。
コスト削減を試みる場合、なるべく収納はまとめるのがベストであり、近い場所にあるものは一つにまとめる工夫をすることが大切です。
小さな収納がいろいろな場所に点在しているよりも、少し広めのスペースが用意されている方が使い勝手も良いですし、しまえる物も多くなります。
自由に設計できる注文住宅は、収納の場所や大きさも自由に決めることができますので、最初はできるだけたくさん設置しようと考えて必要のない場所にまで設置してしまうことがありますが、本当に必要な場所をしっかりと考えて、近い場所にあるものは一つにまとめてしまうのがすっきりと収納するコツです。

ウッドデッキがある注文住宅のメリットや活用方法

注文住宅を建てる時にウッドデッキを取り入れたいと考える人が多いのですが、実際に取り入れると様々な楽しみ方ができます。
建物に隣接して設置されるのが一般的ですので、家族とくつろぐスペースにすることができます。
子供の遊具を置いたり、バーベキューを楽しむご家庭もありますし、ガーデニングも可能です。
室内から直接出入りができるような作りになっているため、洗濯物を干す場所としても重宝されます。
日当たりが良ければすぐに乾かすことができますし、急に雨が降った時でも洗濯物が濡れません。
たくさんのメリットがあるウッドデッキは注文住宅でも憧れの設備ではありますが、取り入れる時には家族でよく話し合って皆が楽しめるような空間にすることが大切です。
一部のメンバーだけが楽しめるようなスペースにすると家族が集まれる場所ではなくなります。
また、バリアフリーを考えるのならスロープをつけておくと後々役に立つ日がくるかもしれません。

ハウスメーカーは工場で大量生産ができるので注文住宅の価格を抑えらえるメリットがある

注文住宅を建てるなら、自由設計の工務店や設計事務所を選びたくなるかもしれません。
ハウスメーカーは自由設計の工務店や設計事務所と比較して、自由度が低く思い通りにならないからです。
しかし自由度が低くなると思われがちなハウスメーカーの注文住宅にも、魅力的なメリットがあります。
その一つがコストダウンできることで、ハウスメーカーなら安く注文住宅を建てられます。
ハウスメーカーの価格が安くなる理由は、建築資材を工場で大量生産できるからです。
建築資材にまでこだわると、コストが上昇し建築費が増大しこれでは予算内に収めるのが難しいでしょう。
ですが工場で大量生産できる体制を整えているハウスメーカーなら、資材調達にかかわるコストが抑えられるため、ローコストで注文住宅を建てられます。
しかも工場で一度に生産しているため、品質にばらつきがなく高いクオリティを維持しているのも魅力です。
安く質が良い住宅を建てたい人には、おすすめです。

工務店の注文住宅は技術力が高い会社を選べば安心な住まいづくりが実現

注文住宅を工務店に相談する場合には、優良なところに依頼をしなくてはいけません。
そのための基準として非常に役に立つのが、実績や技術力が存在するかどうかという点です。
元々、工務店というのは職人が多く在籍している店舗を指すことがほとんどです。
大手のハウスメーカーと異なるのは、こういった職人とのやり取りを直接的に行うことができるという点です。
ハウスメーカーは、交渉を行う時に営業担当スタッフがついてくれますがあくまでも職人との橋渡し的な役割として交渉を行うに過ぎません。
この点、注文住宅を工務店に相談する場合には直接的に設計士や職人と交渉を行うことになりますので、より密接な関係で注文住宅の話し合いを進めていくことができるようになります。
ですから、職人との話し合いを進めていく中でどういった形で設計を固めていくのかを決める必要があるので、技術力が高い会社を選んだ方が安心した住宅ができることが分かります。
工務店を選択する場合には、こうした点に注目するのが得策です。

新築でもあえて注文住宅をアンティーク調にするための工夫

洋風住宅が圧倒的に多い現在では、洋風受託でも敢えて注文住宅を建てる方の中にはアンティーク調に仕上げたいと希望する方も少なくはありません。
この場合はハウスメーカーや工務店を探す際に、アンティークな住宅を建築した実績がある会社を利用することがベストになり、特に工務店の場合は対応をしている会社が多い傾向にあります。
注文住宅を敢えてアンティーク調にするには、まずは外観の窓ガラスを一般的なサッシではなく飾り付きのサッシを採用するだけでも効果があります。
外壁そのものも普通のサイディングではなく、金属製や樹脂製の木目を表現したサイディングにしたり、セメントや漆喰を使って模様やムラを作り出す塗り壁に仕上げる方法も工夫になります。
玄関ドアにもこだわりを持ち、ストレート状のドアだけではなくオールド風の上の部分がアーチ状に仕上がっている玄関ドアを採用する方法、アイアンの飾りを付けている玄関ドアも採用する価値は十分にあるのではないでしょうか。
住宅の内外で用いる塗料も、濁りのあるアンティーク塗料を使うなど工夫すべき点はいくつもあります。

デザイン重視の注文住宅を建てたい人は設計事務所が最適

デザインを重視して注文住宅を建てたい場合には、設計事務所に依頼するのがお勧めです。
その地域に根差した活動を行う工務店では一般的な形の家を取り扱うことが多く、町になじむようなデザインになっていることが多いようです。
ハウスメーカーには洗練されたデザインのものもありますが、個性的な家は少ないですし、他で見かけたような家になることも少なくありません。
その点において設計事務所ならデザインにこだわって注文住宅を作ることができ、他では見られないような斬新な家にすることも可能です。
満足のいく家にするためには、好みにマッチした家を設計できるような事務所に依頼することが重要であり、デザイナーの質も見極めなければなりません。
有名なデザイナーに依頼する場合は数年先までスケジュールが埋まっていることもありますので、なるべく早めに動きたいところです。
知名度が高くなくても優れたデザインの設計をしてくれるところはたくさんあります。

エアコンや照明器具などは注文住宅の依頼先ではなく自らが購入して設置がコスト削減に効果

注文住宅の購入時に、ハウスメーカーや工務店に設備を依頼することもできます。
その方が一括して任せられる点で楽です。
しかし、一般的にこうして依頼した場合はコストが高くなってしまいます。
照明器具やエアコンなどは後付けが比較的余裕ですし、電器店などの専門のお店を利用した方がコストを抑えることが可能です。
家の購入自体の価格から考えると大したことがないとも思うかもしれませんが、電気製品としての価格で見れば結構大きな差になることも少なくありません。
したがって、注文住宅の購入費用を少しでも押えたいと考えている方は、こうした設備の購入は注文住宅の依頼先ではなく、自らが購入して設置することをおすすめします。
もちろん、DIYで自分で全てやることができないのなら、専門業者に設置してもらいましょう。
工事費用が発生したとしても、注文住宅の依頼先に任せるのと比べれば安くなるはずです。
事前にシミュレーションして、どのくらい安くなるのか確認してみると良いです。

注文住宅の打ち合わせは長期間必要になるのでじっくりやろう

自分たちにとって最適な住まいを手に入れるために、注文住宅を建てることを考える人も少なくありません。
しかし注文住宅を建てるには、建物の設計や仕様に関する打ち合わせが欠かせません。
また、これにはじっくり時間をかけることがおすすめで、一般的に数ヶ月から半年以上に及ぶ場合があります。
このような長期間に及ぶ検討は、慎重かつ緻密な計画を立てるのに必要な時間と考えなければなりません。
家族のライフスタイルや好みを反映した住まいを実現するため、さまざまな要素を考えることがベターです。
そのため、焦って短期間で打ち合わせを終わらせることは、後悔や不満の原因となることがあります。
その他では、一生に一度の大きな買い物であるという認識も持つべきでしょう。
住まいに求める要素は人それぞれでありますので、家族での議論なども必要不可欠です。
設計には建築家や設計事務所などのプロフェッショナルな人材とともに行うことが多いです。
彼らに自分たちの希望や要望を伝えることで、より理想に近い我が家を手に入れることが可能になります。

注文住宅で考えたい電源コンセントの位置や数

注文住宅では外観とか内装のデザイン性を重視される人が多く、雑誌とかウェブサイトでも良く見かけるような憧れのテイストを実現することが可能です。
ですが、そのような観点だけではなく、例えば電源コンセントの位置とか数などのように一見して地味かもしれませんが普段の暮らしに直結する点も忘れてはいけません。
建売住宅であれば平均的に必要と思われる設備が予め用意されるわけですが、注文住宅の場合、もちろんある程度はハウスメーカーや工務店が主導で行ってはくれるものの、自分たちの暮らしに直結するのですからそこに注文をつけなくてどうするのかというわけです。
特に昨今では昔に比べて屋内で用いる電化製品の数が増えており、例えばパソコンの利用を考えてもそれ単独ではなくプリンターや外付けハードディスクが当然のように必要だったりします。
テレビや録画機器のことを考えても似たようなことが言えるでしょうし、スマートホンやタブレットなどモバイル機器も増えています。

総2階などシンプル構造の注文住宅はメンテナンス費用も節約可能

注文住宅は、完成したら終わりではありません。
完成して暮らし始めてからも、メンテナンスでお金が必要になります。
そのため注文住宅のコストを考えるときは、将来的なメンテナンス費用まで考え建てる必要があります。
メンテナンス費用を少しでも安く抑えたいなら、シンプル構造の注文住宅がおすすめです。
シンプル構造の注文住宅は、メンテナンス費用がかかりません。
でこぼこのある形状の建物は、外壁や屋根の塗装をするときに割高になります。
また天然素材など大量に生産できない資材を使うのも、費用が高騰する原因の一つです。
オリジナルの資材を使用してしまうと、修理や交換が必要なときに取り寄せなければいけません。
同じ資材を取り寄せようとしたら希少性が高いため、高いお金を払わされたり用意できなかったりします。
大量生産された資材なら、コストも安くメーカーには抱負に在庫があるため取り寄せる必要もなくなり、費用を抑えつつ交換や修理が可能です。

注文住宅でヴィンテージスタイルを取り入れるコツ

注文住宅を建てる際にヴィンテージスタイルを取り入れることは時代を超えた魅力を感じさせる選択です。 ヴィンテージスタイルはその風合いだけでなく品質の良さ、耐久性をも併せ持っています。注文住宅を設計する段階でこのスタイルを取り入れるにはいくつかのポイントを押さえておくことが大切です。 まず家具や建築材料に古材やアンティーク品を使うことで独特の風格が生まれます。また壁や床に質感を出す塗装や処理を施すことでヴィンテージ感を強調することができます。 照明や装飾品選びもヴィンテージスタイルに欠かせない要素です。 レトロなデザインのものを選ぶことで部屋全体の雰囲気が変わります。 さらに現代の技術を取り入れた古いデザインの家電製品を選択することもおすすめです。 これらを踏まえた上でデザイン性と機能性のバランスを取ることが重要です。

注文住宅における洗濯機の配置と選定のポイント

注文住宅を計画する際には、毎日使用する洗濯機の配置場所や選定についてもしっかり考えることが大切です。 適切な場所を選ぶことで、家事の効率が大きく変わり、快適な住環境を実現することが可能になります。 まず考慮すべきは、家族構成や生活スタイルに合った場所に洗濯機を設置することです。多くの家庭では、浴室やその近くが選ばれることが一般的ですが、一人暮らしや共働きの場合、キッチン近くに設置すると家事がはかどることもあります。次に、洗濯機そのものの選定においては、容量や機能、デザインを重視することが求められます。 大家族には大容量の洗濯機が適している一方で、少人数家庭や単身者にはコンパクトなものが好まれます。 また、防音機能や節水機能のような付加価値を持つ製品もあり、生活を豊かにしてくれます。その他、部屋干し機能やアレルギー対策など特定のニーズに合わせたモデルの選択も重要です。注文住宅では自由に間取りを決めることができるため、洗濯機周りに十分なスペースを確保し、洗濯物を干すスペースや収納スペースも設けることができます。 最後に、洗濯機のメンテナンスのしやすさも考慮しましょう。 これらのポイントを踏まえ、各家庭に最適な洗濯場所と機器を選ぶことが、注文住宅での豊かな生活を実現する鍵となります。

注文住宅計画時に知っておくべき熱中症対策とその重要性

注文住宅を計画する際には、理想の住まいを実現するための設計や機能性だけでなく、健康への配慮も欠かせません。 特に、夏の高温多湿な日本の気候条件下では、居住空間の環境が熱中症のリスクに直結することがあります。 そのため、注文住宅では環境に優しく、かつ健康を守るための工夫が重要です。例えば、遮熱材や断熱材を利用した建材選び、風通しを良くする開口部の設計、自然光を活かしつつ直射日光を遮る工夫などが挙げられます。 さらに、換気システムを適切に搭載することで、室内の温度上昇を防ぎながら新鮮な空気を取り入れることができます。 住む人の営みに合わせて、冷房設備を計画的に導入することも大切です。これらの対策は熱中症予防だけでなく、快適で健康的な住環境を維持するためにも必要です。使用する材質や設備選びにはコストも関わってきますが、長期的な健康と安全を考えると、十分に投資する価値があります。注文住宅では、自分たちの生活スタイルに合わせた家づくりが可能ですので、熱中症対策も個人のニーズに合わせて柔軟に計画することができます。家を建てる方は、注文住宅での熱中症対策を念頭に置き、安心できる住まい作りを目指しましょう。

注文住宅の設計における軒裏天井の魅力と機能性について

住宅を建てる上で、居心地の良さと機能性へのこだわりは欠かせません。特に注文住宅では、個々人の要望を反映したオーダーメイドの設計が可能です。その中でも意外と見過ごされがちなのが、軒裏天井の役割と魅力についてです。注文住宅を検討する際には、単に内装や間取りだけでなく、家全体のデザインに目を向けることが重要です。 軒裏天井は家の外観を大きく左右する要素であり、その選択一つで住宅の雰囲気は大きく変わります。 しかし、軒裏天井がもたらすのは美観だけではなく、実用性においても多大な貢献をしてくれる部分なのです。 夏は熱い日差しを遮り、冬は風雨や寒さから住宅を守るという保護機能を持っています。このように、一年を通して快適な居住空間を維持するためには、軒裏天井の設計にも目を向けなければなりません。 例えば、軒の出を広く取ることで夏の直射日光を避け、室内を涼しく保つことができます。また、雨が壁面に直接当たるのを防ぎ、住宅の耐久性の維持にも寄与します。さらに、防音効果も期待でき、雨音や外部の騒音を軽減し、静かな室内環境を作り出す手助けをしてくれます。 これらの実用性に加え、軒裏天井にはさまざまなデザインが可能で、照明の工夫や色彩の配色によって、住宅の魅力をさらに引き立てることができます。 注文住宅を建てる際、軒裏天井に注目し、実用性はもちろん、ライフスタイルに合ったデザインを選択することで、理想の住まいを実現させることが可能です。これから家作りを始める方々にとって、軒裏天井は絶対に見逃せない要素の一つであると言えるでしょう。

注文住宅にエレベーターを取り入れるメリットと注意点

暮らしの将来設計において、注文住宅は個々のライフスタイルに合わせた自由度の高い選択です。特に多世代での同居や、将来の身体的な変化を見据えた家づくりを検討する際には、エレベーターの導入が有効な選択肢となります。まず最大のメリットは、生活の利便性の向上です。 また、エレベーターは家の価値を高め、将来の売却時や賃貸用にする際にも魅力的な設備となり得ます。 一方で、注意すべき点として、初期コストやメンテナンス費用、そしてエレベーターを設置するために必要なスペースの確保があります。 加えて、電気代の増加や定期的な安全点検が義務付けられるため、ランニングコストも計算に入れておく必要があります。 注文住宅においてエレベーターの導入を成功させるためには、建築計画の初期段階から、きちんと設計に取り入れることが重要です。 専門家と相談し、将来のライフスタイルを見据えた家づくりを進めることで、長く快適な住まいを実現させることが可能となるでしょう。

神奈川 注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のミニ知識をご紹介します

当サイトでは、注文住宅に関するお役立ち情報を幅広く提供しています。始める前に知っておくと役立つミニ知識をはじめ、依頼先の選び方やアフター保証やメンテナンスの充実したところの選び方など重要なポイントを紹介します。収納に関する情報も豊富に取り扱っており、ウォークスルータイプの収納スペースを取り入れたい方にも役立つ情報を提供しています。当サイトは家づくりに興味のある方に情報を発信していますので、ぜひご覧ください。

Search

更新情報